ご挨拶

彩六華(いろどりりっか)

この度2018年度六華同窓会総会・懇親会の幹事を務めさせていただきます南43期一同を代表してご挨拶申し上げます。

私たちが1年間の同窓会活動テーマに選んだのは「彩六華」。活動をスタートして以来、同期で集まる機会が増えましたが、卒業以来の再会がある一方、在学時にはクラスが一緒になったことがなくても数分後にはすぐに打ち解けあったりと、同窓の縁のありがたさを改めて認識しました。その中で強く感じたことは、これまで違う時間を過ごしてきて一人一人は違う色だけれど、どれかが一番きれいな色なのではなく、様々な色が集まることで調和している六華のつながりがとても美しいということです。それに加えてこれまで同窓会活動を支えてきてくださった先輩方、これから共に支えていく後輩の皆さんの存在が六華を彩っていて、その中に自分たちもいられることがすごく嬉しいことだと気づきました。そんな思いから「彩六華」を活動テーマとし、学校林散策会(5月)や在学生向けの六華ゼミといった企画を通じて、様々な「彩」を表現していきたいと思います。幹事期という貴重な活動を通じて、これまでにつながりの無かったたくさんの方々にもお会いして、1年間の役割が終わってからも期を超えたお付き合いが広がることを楽しみにしております。

最後になりますが、10月20日(土)の総会・懇親会で皆様にお目にかかれますことを心より祈念申し上げ、あいさつに代えさせていただきます。

 

2018年六華同窓会
 総会・懇親会実行委員長
中野貴英

 


ロゴについて 

『六華』の本来の意味、雪の結晶を六つ形どり、そこに、六華同窓会の多彩な人々をイメージし、それぞれの『いろどり』を配色しました。 その隙間を埋めるように、一回り小さな結晶を薄い色で散りばめています。それは、将来、六華同窓会に加わる在校生を表しています。結晶の散らばりを円形に切り取ることで、周囲に無数の結晶をイメージさせ、ここ六華同窓会に集う人の多さを表しました。

また「彩六華」の題字は、2017六華同窓会で使用した横断幕を書いた同期の書を取り入れています。